人気のスーパードリンク

グリーンスムージ_イメージ

葉野菜と果物を使って作るグリーンスムージーは美容や健康に効果が高く多くの人に支持されています。ミキサーで細かく砕かれているため栄養分を吸収しやすいのがポイントで、美肌やダイエットなどいろいろな効果が期待できます。果物を増やすと飲みやすくなるので初心者は果物を多めにして挑戦しましょう。

おいしくてヘルシー

新鮮な葉野菜と果物を使って作るグリーンスムージーは美容や健康に効果が高く世界中で大人気となっています。ミキサーさえ持っていれば自宅で簡単に作ることができ、美肌やダイエットなどに絶大な効果を発揮します。グリーンスムージーの効果が高い秘密は野菜や果物が細かく砕かれ吸収しやすい形状になっていることにあります。水分と一緒に栄養分を逃がすことなく体に取り込むことができるのでいろいろな効果が期待できます。特別な野菜や果物を揃える必要はなく、冷蔵庫にある材料で作れることも嬉しいポイントです。旬の素材を使えばおいしく栄養もたっぷりで安上がりなのでおすすめです。一年中素材を変えて季節ごとの味を楽しむことができるのもグリーンスムージーの魅力です。

初心者は果物を多めに

グリーンスムージーの作り方には水と葉野菜、果物を入れる以外に特別なルールは存在しません。野菜と果物の比率や入れる素材は自分の好みに合わせて決めることができます。果物が多いと甘く飲みやすくなるので初心者や子供に飲ませる場合は果物の比率を増やしましょう。バナナやオレンジは一年中手に入り栄養価も高いので常にストックしておくのがおすすめです。野菜で特におすすめなのは小松菜やホウレン草などの色の濃い葉野菜です。またアボカドも栄養価が高くグリーンスムージーに入れるとコクが出て風味がよくなるのでぜひ挑戦してみましょう。キャベツや人参、ブロッコリーなどのでんぷん質の野菜はフルーツと摂取すると腸でガスが発生しやすくなるので避けましょう。

スムージーで酵素も摂る

酵素飲む 女性

酵素スムージーは効率的に体内に酵素や栄養を取り込むことができ、飲み方によってはデトックスもできます。酵素スムージーを飲むときには冷えを招きやすいため常温の水や40度以下の湯で割って飲むと良いです。噛みながら飲むことで唾液と混ざり吸収率が上がりやすくなります。

スムージーの注意点

酵素スムージーは通常のスムージーに酵素を加えたものです。体内で酵素は作られていますが、年齢と共に作る量が減ることで作られた酵素は消化に優先的に使われていきます。その為、代謝に使われる酵素が減りやすくなります。外部から酵素を摂取する事で代謝のために使う酵素を増やす事ができます。酵素スムージーは吸収率が良く効率的に栄養吸収することができます。酵素ドリンクでのファスティングでは空腹感が強いため、それに耐えるのが大変ですが、スムージーは満腹感があるため続けやすいというメリットがあります。ただ、スムージーは冷たい水や割るものによっては冷えを招きます。冷えは代謝に関わっており脂肪燃焼しにくくなったり、内臓の働きを弱めるため、必ず常温に戻した水か、30度くらいのぬるま湯を使うようにします。40度以上だと酵素スムージーに含まれている酵素が死滅しますので40度以下になるようにすると良いです。

効果的な飲み方

酵素スムージーはヨーグルトにかけたり、牛乳、豆乳などで割ったりして飲むことが多いですが、効率的に栄養や酵素を吸収したい場合は水で割るのが一番良いです。飲むときには噛みながら飲むことで唾液と混ざり消化しやすくなるので吸収率が上がりやすくなります。また、スムージーと一緒に果物を食べる人もいるかもしれませんが、バナナやマンゴー等の南国の果物は体を冷やしやすいため控えめにします。ファスティングや断食で酵素スムージーを使うと体内の浄化をすることができます。デトックスのために酵素スムージーを飲む場合には1日に酵素スムージーを1L位を目安に飲むようにします。好転反応により胃痛や吹き出物がでたりなど様々な反応がある場合がありますが、1日〜2日でおさまってきます。体内の浄化をしてスッキリ出す事で代謝も身体中の機能を向上させる事ができます。

おすすめの記事